おうちカフェ

【コーヒー初心者】ハンドドリップを初めて始める人向け〜必要な器具や豆の種類〜【コーヒーを趣味に】

coffee no tomo
無知子
無知子

コーヒーを趣味にしたいけど
情報が多すぎて一体
何から初めたら
いいかわからない〜

Mr.Bean
Mr.Bean

コーヒーの楽しみ方は様々。
まずは手軽かつリーズナブルに
楽しめるハンドドリップ
挑戦してみると良いぞ!

 

無知子
無知子

ハンドドリップの始め方
詳しく教えてください!

ハンドドリップとは?

ハンドドリップとは
コーヒーを抽出する方法の一つ!
インスタントコーヒーでは無く
コーヒー豆を挽いて粉状にした物を使います。

ハンドドリップには何が必要?

ハンドドリップを始めるにあたって
いくつか揃える器具があります。
どれもリーズナブルに揃えられ
繰り返し使えるのでコスパも良いです。

コーヒーケトル(ドリップポット)
コーヒーにお湯を回しかけて抽出する
ハンドドリップ。
そのお湯をかけるやかんの様な物です。
やかんとの違いは注ぎ口が細く長いこと。
直火、IH対応、どちらも可能なものがあります。
初心者のうちは軽くて
使いやすいものを選びましょう。
ドリッパー
コーヒーを抽出する際に
コーヒー粉を入れる器具です。
ドリッパーに直接入れるのでは無く
紙製のフィルターをセットしてから使います。
画像の通り形や素材、穴の数など
様々なドリッパーがあります。
ドリッパーによって
抽出するコーヒーの味にも違いが
出るので慣れてきたら
コーヒーによって使い分けると良いでしょう。
コーヒーフィルター(ペーパーフィルター)
紙製のフィルターにコーヒーの粉を入れ
使います。こちらは使い捨てです。
白色は漂白してあるもの茶色は漂白してないもの
ドリッパーにあった型、サイズを選びます。
コーヒーサーバー

ドリップしたコーヒーを
受けとめる為の容器です。

コーヒーの粉
あとは好きなコーヒーを選びます。
コーヒー専門店などでは豆を選び
ペーパーフィルター用に挽いてくれます。
挽き方以外は豆の種類はなんでもOK!
色々飲んでみて好みの味を見つけましょう。
美味しいコーヒーの選び方
あると便利な物
・コーヒースケール
・温度計
・コーヒースプーン
この3つがあればより正確に
コーヒーが楽しめます。

基本のハンドドリップ方法

①お湯を沸かす。
ハンドドリップの抽出温度は
85〜90℃が適温です。
このとき温度計があると便利です。

Mr.Bean
Mr.Bean

温度が低いと酸味が強く
高いと苦味が強く出る傾向があるぞ。
好みで温度調節してみると良かろう。

コーヒーサーバーにドリッパーをセット
さらにペーパーフィルターをセットする。

 

③ペーパーフィルターの上から
 器具全体にお湯をかける


漂白してあるものはしない人もいますが
茶色い無漂白のフィルターは紙特有の匂いが
コーヒーに移るのでお湯をかけます。
このことをペーパーリンス(リンスする)
と言います。

このときに一緒に器具を温めると楽なので
わたしは多めに回しかけてます。

Mr.Bean
Mr.Bean

器具の温度によって
抽出したコーヒーの味わいが
変化しないようにする為じゃ。

④コーヒーの粉を入れる
しっかり分量通りに入れましょう。
このときコーヒースプーンや
コーヒースケールがあると便利です。

⑤コーヒー全体に湯をかけ蒸らす
蒸らし時間は平均して20〜30秒ほど。

⑥蒸らしを含め4回で湯を注ぎ切る

おすすめのハンドドリップ器具

初心者向けかつ安価に揃えられるものの中で
おすすめをご紹介します。

コーヒーケトル(コーヒーポット)

ドリッパー

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥545 (2024/05/25 23:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

ペーパーフィルター

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥299 (2024/05/25 16:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

コーヒーサーバー

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥1,255 (2024/05/25 23:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

よく器具などに「01」「02」などと
書かれているのは
「01」→1杯分
「02」→2杯分という意味です。

とくにドリッパーと
ペーパーフィルターのサイズは
間違わないように気をつけましょう。

Mr.Bean
Mr.Bean

100均にも紹介したコーヒー器具
が売っているぞ!
まずは一度やってみたいという方に
おすすめじゃ。

 

ABOUT ME
tomo
tomo
コーヒーアドバイザー
老舗珈琲店で店長として7年勤務後 大手コーヒーチェーン店でコーヒーアドバイザー、コーヒースクールを行っていました。自宅でもカフェのような美味しいコーヒーをたのしめるよう、コーヒーを趣味にしたい方を応援したく始めたブログです。
記事URLをコピーしました